薬による中絶を選んではいけない病気はありますか?

  Share


薬による中絶はほとんど誰でも安全に行えるものです。この方法が禁忌であるケースはごくわずかです。以下にあてはまる女性は、薬による中絶を行ってはなりません。 19

  • 遺伝性 ポルフィリン症
  • 慢性副腎不全または肝不全

  • 子宮外妊娠またはその疑いがある(ミソプロストールもミフェプリストンも子宮外妊娠を治療することはできません)

  • 以前、ミソプロストールまたはミフェプリストンに強いアレルギー反応が出たことがある

 

通常、女性はこうした病状にあることを自分で知っているものです。

  • ポルフィリン症とは?

    ポルフィリン症とは、体内にポルフィリンを産み出す天然の化学物質が蓄積されることで起こる遺伝性または後天性の複数の稀な疾患の総称です。ポルフィリンはヘモグロビンの働き――赤血球内にあるタンパクがポルフィリンや鉄と結合して臓器や組織に酸素を運ぶ――に欠かせない物質です。ポルフィリンが大量に蓄積すると、重大な症状が現れます。   20 ポルフィリンは主に神経組織や皮膚などに症状をもたらします。 続きを読む »